宇宙(そら)へ届けたい想いを三十一文字に託して
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
8月投稿詠歌その壱
2007-10-06 Sat 19:02
あらためて見返すと下手さ加減に厭になりますね(泣)

「演技」
妹でかまわないずっと傍らに笑顔の裏で涙堪えて

「侍」
サムライの誇りを胸に断ち切って月夜に散るは恋の血飛沫

「母」
母になる十月十日の時かけて友の笑顔はまぶしくもあり

「初恋」
灼熱の想い抱えて微笑んだ そのままでいて君願うなら

「風」
真っ青な夏空わたる一陣の風に香ってくる秋刀魚かな
スポンサーサイト
別窓 | モバイル短歌 | コメント:0 | トラックバック:0
<<8月投稿詠歌その弐 | 蒼い宇宙の片隅で | モバイル短歌>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 蒼い宇宙の片隅で |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。